コラムをはじめる。

さて、2月から会社のホームページで、展示レポート記事と作家リレーインタビュー記事をそれぞれ月1ずつ書いていくことにしました。

http://meltingpot.tokyo/column

 

展示レポートでは、日々黙々と制作している作家活動を追っていけたら、

そしてリレーインタビューでは、インタビュー毎に次の作家を紹介していただいて、自分でも予想できない作家をインタビューしていけたらと思っています。

よろしくお願いします。

 


ところで、最初の記事で少し触れた、芸大日本画の画材崇拝ですが、これは不思議でしたね。日本画は基本的には岩絵の具を使って描いていくものなんですが、同級生とかで、やっぱり反発心とかあるじゃないですか、それで岩絵の具使わないで絵を描く人とかいるんですね。そうすると、もう、全然講評されないんです。教授は絵の存在ごと一切無視。

アクリル絵の具で描いてるやつは無視とかなら、まだ少し気持ちはわかりますが、墨だけで描いてる、とかも嫌がるんですよね、とにかく岩絵の具を使え、と。

 

岩絵の具自体は非常に面白い画材ではあるけれど、それを使っていないと講評されないということは、岩絵の具を使っていることが日本画の全てなのか・・・?日本画ってなんなのよ、っていう話は日本画専攻内でも頻繁にありました。

 

ちなみに、世界のアートカテゴリーの中には「日本画」なるものはありません。